教育について

子供に教えたいのはあいさつのやり方

子供には色々教えなくてはいけないことがありますが、まずはあいさつの教育をしましょう。
さわやかにあいさつすると、相手からもさわやかなあいさつが返ってきます。
気持ちよく一日を過ごすことができるでしょう。
軽いあいさつは歳を重ねるほど軽視されがちですが、決して侮ってはいけません。
ある地域があいさつ推進運動を始めたところ、その地域での犯罪発生率が下がったと言う事例もあります。
あいさつがいかに大事かが分かるでしょう。
あいさつの基本は相手の目を見て少しおじぎをし、言葉をかけることです。
しかし、小さい子供にここまで教育するのは少し難しいでしょう。
おじぎはできなくても、せめて笑顔であいさつさせるようにしたいです。
成長するにつれて、徐々に正しいあいさつの作法を教えていくようにしましょう。
ちなみに、どんな家庭教育もそうですが、強制させるような教え方ではいけません。
できないときに怒鳴るのもNGです。
ほめて伸ばすを基本にしましょう。

Copyright(c) 教育 All Rights Reserved.